作家の読書道

澤村伊智さん

さわむら いち
1979年大阪府生まれ。東京都在住。
幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂の作品を敬愛する。2015年
「ぼぎわんが、来る」(受賞時のタイトルは「ぼぎわん」)で第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉を受賞。17年「ずうのめ人形」で山本周五郎賞候補。新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

――いつも一番古い読書の記憶からお伺いしてるんですけれども、いかがでしょうか。

澤村:物心ついたころから一応、周りに本がありました。小学館の「世界の童話」でしたっけ、金色のカバーがかかっているシリーズがあって、その一部が家にあったんです。明らかに母親が僕に読ませるために買った本だと思うんですけど。それの『アラビアンナイト』の「アリババと40人の盗賊」などをよく読んでいました。日本の話もありましたが、海外の話のほうが絵柄も面白かったし楽しかったという記憶がありますね。海外のスケールの大きい話だとか、食べ物の話に反応していた気がします。

――今考えると、わりと本が好きな子供でした?

澤村:そうですね。よく読んでました。刷り込みじゃないですけど、どうも親が本好きの子供にさせたがっていたようです。幼稚園に入ったら入ったで、毎月金の星社から薄い絵本が届くのでそれも読んでいましたし。もうひとつ印象に残っているのが、今だったらオーディオブックっていうんでしょうけど、当時はまだレコードでお話を聞かせながら絵本を読むものがありました。「コージおじさんのおはなしぶくろ」っていうシリーズがあったんですね。コージおじさんというのは石坂浩二さんのことです。実家に問い合わせてみたら、冊子はもうないけれどレコードは残っていて…(と、鞄から取り出す)。

――わあ貴重なものをありがとうございます!

澤村:ひとつは「わら・すみ・まめ」って話です。これは台所から逃げ出したわらと炭と豆が旅に出ようとするんですけど、川があったのでわらが橋になって炭が渡ろうとしたところ、炭の身体に火が残ってて、わらが焼け落ちて両方死ぬ。豆はそれを見てゲラゲラ笑ったら、真ん中からバカーンって割れて死ぬ。仕立て屋さんがその豆を拾って、かわいそうだから縫ってあげようっていって黒い糸で縫っちゃったものだから、豆にはいつも黒い筋が付いているんですよっていう、何の教訓も無い話です。もうひとつは「ねこのおおさま」というイギリスの昔話ですね。作者もいない伝承系の話だと思うんですが、これはとても面白いので、ぜひ。多分、似たような話がネットに上がってると思います。実は、「わら・すみ・まめ」をiPodに入れてきました。(と、鞄からスピーカーも取り出す)。

――え、スピーカーまで持ってきてくださったんですか!

澤村:これくらししないと、この連載に登場している並みいる文豪たちにはかなわないので…(笑)
「作家の読書道」の全文はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加