みんなのオシ本レビュー

テーマ:笑いが生まれる本

うろ覚え万歳!

マーゴ58さん

東京都

ナンシー関の記憶スケッチアカデミー

ナンシー関[編・著]

角川文庫

「通販生活」 誌上の読者投稿読者投稿企画をまとめた一冊。「記憶スケッチ」とは、提示された「お題」を記憶だけを頼りに描くこと。お題は「海老」や「牛」など身近なものなのに、投稿作品は「未知」 の物体ばかり。そのうろ覚え力は、強制的に読者を笑いへ導く。
 投稿者の幅広い年齢層も気になる。4歳児が「通販生活」を読むとは思えないから、家族が描かせたと想像する。「裕二 (息子、仮名)、これ描けるか?」。しかし残念な結果に。
「父さんが見本を」と意気込んだものの惨敗。そのうち家族総出で挑戦するも、いっこうに「知っている」 お題が描けない。うろ覚えは、何人集まっても「三人寄れば文殊の知恵」とはならないのである。ナンシー関の的確なツッコミが、さらに笑いを増幅させている。