みんなのオシ本レビュー

テーマ:笑いが生まれる本

読み聞かせ、つかみの一冊

ゆうさん

兵庫県

あきちゃった!

アントワネット・ポーティス作・なかがわちひろ訳

あすなろ書房

「思わずブタに変身!?」息子の通う小学校で読み聞かせのボランティアをさせていただいています。初めて行くクラスはちょっとドキドキ。知らない子ばかり、知らない先生。みんな興味を持ってくれるかな?外したらどうしよう……。つかみの一冊として選んだこの『あきちゃった!』タイトル通り、 自分の鳴き声に飽きちゃった鳥達が新しい鳴き声を模索します、「これはどうだろう」固まってしまった頭を柔軟に。有り得ないからこそ面白い鳴き声に笑いをこらえきれない子供達。二冊目は落ち着いた内容の本でクールダウンさせて、授業を始める先生にバトンタッチ。一人でも多くの子が読書に興味を抱いてくれるように、これからも楽しい本、感じる本、発掘し続けます。

わたしは鳥でもないが同じようなことをやっている。変な声を出すとか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加