みんなのオシ本レビュー

テーマ:時代のヒーローの本

ばっちゃんはご飯を作りながら闘っている!

ハラペコキさん

東京都

あんた、ご飯食うたん?

中本忠子[著]

カンゼン

 家庭のいろいろな事情でご飯が食べられない子どもたちがいる。ばっちゃんこと中本忠子(なかもとちかこ)さんはそんな子どもたちのために食事を提供している。活動を始めたのはお金を儲けるためではないし、誰に頼まれたというわけでもない。きっかけはシンナー少年の、シンナーをするのはお腹が減っているから、という言葉を聞いたことだという。それから今まで約30年、休みなしで食事を提供し続けている。中本さんは常に子どもの目線に立つ。子どもたちの親と意見が対立したときは恐れずに立ち向かうし、どんな組織がやってきてもひたすらに子どもの言い分を信じる。困っている子どもたちに手を差し伸べるのがヒーローとするならば、中本さんも現代という時代のヒーローの一人だろう。

(C)新潮社