みんなのオシ本レビュー

テーマ:いいお酒の本

美味しくて楽しければ
「いいお酒」とは限らないよ。

しほさん

埼玉県

酒(しゅ)にまじわれば

なぎら健壱

文春文庫

お酒にまつわる様々なエピソード満載。嫌な思いをしたこともきちんと伝える。店主にも客にも期待しすぎず、思わぬサプライズを僥倖ととらえれば、どんな体験も楽しいと思わせてくれる。とはいえ現実は、損はしたくないというケチな気持ちが勝り、旅先で一人で店に入る勇気がなくて、コンビニ弁当をホテルで食べることが多いので、著者の行動にただあこがれるのみ。同じようにふるまうことが出来れば私にとって大人の階段をまた一つ上ったことになるんだけど……。