みんなのオシ本レビュー

テーマ:猫!猫!猫!の本

黒毛鮮やかな猫として”死神”クロは地上に降りたった。

兎火さん

兵庫県

黒猫の小夜曲

知念実希人

光文社文庫

今回、「猫の本」というお題だが、この本は猫が主人公だ。が、主人公の本来の姿は死神であるので、半分猫で半分死神という新しい形の主人公である。よって本来の猫のキャラクターとは違った面白みがあるのではないだろうか。そして、黒猫と地縛霊のコンビが地縛霊を救うファンタジックミステリーと盛りだくさんな話なので、ストーリーとしても様々な面白みがあり色々な楽しみ方ができるだろう。また、”死神”クロが人間社会で人間の在り方を学び”人”に染まってゆく様子から、クロだけでなく私たちにも、忘れがちななにか大切なことを伝えてくれる。読み終えたとき、きっと多くの人が感動と優しさで胸がいっぱいになるだろう。そして、明日を生きる原動力の1つになるのではないだろうか。