今月の話題本レビュー

ツナグ

辻村深月

新潮社 定価680円(税込み)

あなたが会いたい亡き人は誰ですか?

 「ツナグ」は、死んだ人間と生きた人間を会わせる使者。人は一生に一度だけ、死んだ人間に会うことができる。死者もまた、呼び出されるのは一度だけ。会うことで心残りが氷解することもあれば、悔恨を深めることもある。本書は5つの短編で構成される。ツナグに連絡してきた依頼者は、どこか生きづらさを抱えている4人。彼らがそれぞれの事情から、夭逝(ようせい)したアイドル、母親、親友、行方不明の婚約者と再会する過程が細やかに描かれていて引き込まれる。最後の一編は「ツナグ」自身の物語。「ツナグ」とは何なのか、彼が会いたい死者とは、そして依頼者たちのその後が明らかにされる。5つの物語がひとつになった時、深く静かな感動が押し寄せる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加