今月の話題本レビュー

十歳までに読んだ本

西加奈子、吉岡里帆、杏ほか 全70名

ポプラ社

定価1600円(+税)

70名が綴(つづ)る「根っこ」となった読書体験

畠中恵、森見登美彦、ミムラ、犬童一心をはじめ、作家や女優、映画監督ら70名が、10歳までに読んだ大切な本について綴っています。椋鳩十作品に影響を受けたというより、「自分に何かを吹き込んでくれた」と書くのは中村航。また、「ファーブル昆虫記」で文学というものの奇跡、命の不思議を知ったのは安東みきえ。ほかにも、心を揺さぶられた物語、孤独な思いを救ってくれた小説、幸福感に包まれた童話、わけもわからず人生の機微に触れた本など、ここに登場するのは、大人になった彼らの「根っこ」となっている1冊です。子どもの頃の自分に思いを馳(は)せて綴られる宝物のような読書体験。わくわく感とともに、ひとつひとつが心に響きます。