今月の話題本レビュー

古布(Kofu)を着る。

堀内春美・村松みち子[著]

主婦の友社

定価1680円(+税)

アンティークの布で手づくりする個性的な服

大胆な武者絵が背中に躍る幟旗のコート、地の色がわからないほど継ぎの当たった布でつくったジャケット、丹念な刺し子が施された襤褸(ぼろ)のエプロン……。古布でつくった創意あふれる服をたっぷり紹介する本です。著者ふたりは、大正時代から昭和初期にかけて使われた古布に魅せられ、洋服やバッグを手づくりしています。年月に洗われた古布は、色あせやかすれが独特の味わい。ていねいな繕いの跡も手仕事の美しさを伝えます。古布ならではの風合いを生かしてふたりがつくる服は、洗練されたシンプルなデザイン。流行に左右されず、年代を問わずに着られるものばかり。簡単にできておしゃれな服やバッグのつくり方も載っています。