今月の話題本レビュー

i (アイ)

西 加奈子 [著]

ポプラ社

定価1500円(+税)

この世界で生きていく
圧倒的な優しさに満ちた物語

「この世界にアイは存在しません。」─高校に入学した主人公アイが、最初の授業で聞いた言葉です。ただし、この場合のアイは虚数の「i」で、実際には存在しない数字のこと。シリア生まれで、アメリカ人と日本人の両親に育てられたアイは、自分の存在の心許なさをこの言葉に重ね合わせます。天災や戦争、テロなど、世界では次々と悲惨なことが起こり、アイの生まれた国シリアでも今世紀最悪といわれる人道危機が続きます。そんな現実との折り合いをつけられないアイは、親友ミナとの出会いによって、誰のものでもない自分の人生に気づきます。降り注ぐ光のように、アイの心が目覚めていく感動のラストへと向かう、圧倒的な優しさに満ちた物語。