今月の話題本レビュー

暮らし自分流

下重暁子 [著]

海竜社

定価1000 円(+税)

本当に気に入ったもので暮らしを彩る心地よさ

ちょっといいからといって、すぐにものを買ったりせずに、本当にいいもの、好きなものを、冷静に選ぼう。そう提案するのは、 NHKアナウンサーなどを経て、現在は文筆家として活躍する著者です。例えば、家具や器は無理に揃(そろ)えず、自分の好みで統一すればいいし、ファッションも、ベーシックでいいものを選べば小物を組み合わせていつまでも着こなせます。本書には、著者が貫いてきた、そんな「暮らし自分流」の知恵がいっぱい。好きな骨董や着物のこと、思い出の家具、山荘での静かな時間など、シンプルな暮らしこそが贅沢(ぜいたく)なのだと気づかされます。旅するときにも「持たない暮らし」がいい、という軽やかで潔い生き方は、ものが溢(あふ)れるこの時代にこそ魅力的に映ります。