今月の話題本レビュー

「本能寺の変」は変だ! 435年目の再審請求

明智憲三郎 [著]

文芸社

定価640円(+税)

間違いだらけの歴史をただす

「本能寺の変はイチゴパンツ(1582年)」と年号だけを覚えるのが歴史学ではありません。本能寺の変の起きた時代状況やその状況下での織田信長・明智光秀といった武将たちの生き方・考え方を学んで、自分の経験では得られない知識を得ることです。では、本能寺の変研究本が、軍記物に書かれていることを史実として使っている、いわゆる軍記物依存症だらけだとしたら、「真実は永遠に明らかにならない」のです。著者は、その通説が軍記物依存であるかを見分ける方法を丹念に列記しています。従来の歴史研究のやり方でなく、犯罪捜査と同じ手法、問題を科学的・論理的に解く方法で再捜査しました。まさに本書は、「本能寺の変研究」への謀反の書なのです。