今月の話題本レビュー

老けない人はこれを食べている

牧田善二 [著]

新星出版社

定価1000円(+税)

糖化を抑えて老化を防ぐ食生活を

人はなぜ老けるのか。本書によると、体内で糖化が進むことで、 AGEという物質がタンパク質にたまり、老化を引き起こすのだとか。特に老化しやすいのがコラーゲン線維というタンパク質で、骨や臓器、血管などに多く含まれるため、動脈硬化や骨粗鬆症などにも深く関わっているそうです。体の内側だけでなく、肌のたるみやシワ、くすみもAGEが原因とわかってきました。逆に言えば、AGEを減らせば、老化はある程度、防ぐことができると本書は提言します。食べものが老化と若返りの鍵を握っていると説く著者は、20万人以上の患者を診てきた糖尿病の専門医。本書では老化を防ぐ30の食品を紹介し、「老けない食べ方」と生活習慣をアドバイス。食品のAGE含有量リストも参考になります。