今月の話題本レビュー

こんなに変わった! 小中高・教科書の新常識

現代教育調査班 [編]

青春出版社

定価1000円(+税)

時代の変遷が浮かび上がる今どきの教科書事情

昭和の時代と今の教科書を比べると、驚きと発見がいっぱい。その違いと共に、改訂となった背景を丁寧に紹介したのが本書です。特に歴史は、調査や研究が進むにつれて事実が塗り替えられることも。その結果、鎌倉幕府の成立年は「イイクニ=1192」から「イイハコ=1185」に。日本最大級の前方後円墳「仁徳天皇陵」の呼び名が変わった理由にも驚かされます。ほかの教科でも、未来の乗り物としてリニア中央新幹線が紹介されるなど、昭和の常識が覆される内容ばかり。また、教科書の表現一つひとつが、実に細やかな検討によって決められていることにも感動します。勉強が苦手だった人にも楽しめる新時代の教科書事情。子どもや職場の部下との世代間ギャップを埋めてみては。