今月の話題本レビュー

京都寺町三条のホームズ・9 恋と花と想いの裏側

望月麻衣 [著]

双葉社

定価611円(+税)

京都を舞台にした、恋と骨董とミステリー

京都寺町三条の骨董品店「蔵」を舞台に繰り広げられる、はんなりしたライトミステリー。今夏テレビアニメ化の人気キャラクター小説の第9弾です。「蔵」でアルバイトをする大学1年生の真城葵の恋人は、オーナーの孫・家頭清貴。天才的な鑑定眼と鋭い洞察力の持ち主で、「ホームズ」と呼ばれています。誰もが振り返るほどのイケメンなのに、葵との恋の展開はちょっと不器用なのがご愛嬌。オーナーの命令で伏見の酒蔵で修業を始めた清貴と、友人のサークル活動を手伝うことになった葵は、それぞれの場所で切ない恋が絡んだ謎に巻き込まれます。さて、ホームズの推理やいかに。脇を固める元贋作師の円生やオレ様俳優の秋人といったキャラもますます粒立って、華を添えます。(双葉文庫)